くまたねとは

ぼくを農薬で殺さないで!ハチミツ分けてあげるから。おまけで花粉団子もあげちゃうよ。

「くまもとのタネと食を守る会」は、2019年5月に「主要農作物種子条例化実行委員会」として発足し、同年6月1日に「くまもとのタネと食を守る会」と改称して、県内の団体・個人に協賛をいただく形で、多くの活動を走るように担ってまいりました。協賛をいただいた団体は48団体。勉強会への参加は延べ人数で390名にもなります。

その主な活動は、①地方議会に意見書の提出をもとめる運動、②山田正彦氏、印鑰智哉氏、安田節子氏、宇根豊氏の4人の講師による学習会等の開催、③県議会への請願書の提出等です。その結果、自民党議員団も動き、当初考えていた以上に早いテンポで運動が広がり、2019年12月に熊本県主要農作物種子条例化という成果を勝ち取ることができました。

これをもって、当団体は当初掲げた目標の条例化の役割を終えることとなりました。

しかし、これまで協賛をいただいた多くの団体・個人の皆様と、勉強会を通して共有してきた食の未来をつくる運動は、これからがその真価を問われることになります。
次世代に残す食と農に悔いのない活動を持続するため、熊本の食と農の未来を皆様とともに作っていく会員によって構成される組織として組織として新たなスタートをきりました。

2020年6月

これまでの経緯

2019年3月「わたしたちのタネと食はどうなる!?」勉強会開催 
(講師:山田正彦氏)
2019年5月主要農作物種子条例化実行委員会発足
2019年6月シンポジウム「主要農作物種子条例をめざして!」開催
(講師:山田正彦氏)
上記実行委員会を「くまもとのタネと食を守る会」へ改称
2019年9月熊本県議会へ「主要農作物種子法廃止に際し、市民の食糧主権と食の安全を守るため、熊本県独自の条例化を求める」請願書提出
2019年11月タネをまもる、いのちをつなぐ ~世界に広がるアグロエコロジーとは~ 勉強会開催
(講師・印鑰智哉(いんやくともや)氏)
2019年12月県議会で主要農作物種子条例制定
2020年1月「いのちをつむぐタネと安心な食を次世代へ」勉強会開催
(講師:安田節子氏)
2020年2月「ゆたかな暮らしを未来に~農本主義のすすめ~」勉強会開催
(講師:宇根豊氏)
2020年6月新たな体制による「くまもとのタネと食を守る会」発足
2020年6月県選出の国会議員の事務所や農協中央会訪問
2020年7月国会において種苗法改定審議見送り
2020年8月「日本の種を守る~日本の農業と食の安心安全~」勉強会開催
(講師:川田龍平氏)
2020年9月「除草剤グリホサート等 農薬のヒトへの毒性について」勉強会開催
(講師:木村-黒田純子氏)
同日熊本県の学校給食のパンに使う小麦を国産小麦にすることを要望する署名活動キックオフ
2020年11月7日国会での審議前に緊急集会を開催。オンラインによる「たねは誰のもの」上映
2020年11月8日「食品添加物でつくる出汁と、鰹節と昆布でつくる出汁を体感するワークショップ」開催
(講師:上月宗広氏 古閑恵子氏)
2020年11月11日種苗法審議入り
同日「日本の種子を守る会」等が、連日、国会前でのアクションをはじめる
2020年11月17日自由民主党、立憲民主党・社民・無所属、公明党、維新の会、国民民主党の5派共同提案された付帯決議が採択される
2020年12月2日種苗法改正案 可決成立
2021年1月1日会員に年賀状にて、種苗法の成立と今後のことを報告
2021年1月12日小麦生産者と学校給食に関する勉強会 於:ママトコキッチン+zoom
2021年1月14日熊本県学校給食会訪問 署名活動と要望の趣旨説明、意見交換
2021年1月16日熊本県庁での手交式 熊本県教育委員会、熊本県へ要望書・署名用紙提出・意見交換。県政記者室で記者会見実施。
2021年1月30日韓国から有機の給食を学ぶ意見交換会(くまもと有機農業推進協議会)に協力
2021年2月6日自家採種をすすめる、熊有研・種苗部主催の「春の種苗交換会」に協力 @七城温泉ドーム 25名参加
2021年2月20日熊本県教育委員会より要望への回答書受領
2021年3月24日「熊本県教育委員会の回答についてのご報告及び提案」賛同団体・個人へ発送作業
2021年3月〜「ゲノム編集などの遺伝子操作をされていない」という自主表示プロジェクトの検討会に参加
2021年5月2日くまたね会員会議&「おしえて!いんやくさん」講演会 
@zoom+会場パレア 100名参加
2021年5月16日〜いんやくさん講演会 youtube配信

代表

田尻 和子 田尻法律事務所・弁護士
安心で安全な食は命を守る根源です。安全な食のためには、生産者が安心して安全な 作物作りを継続できなければなりません。「種を制するものは世界を制す」といわれる ように種は重要です。国民の安心安全な食糧供給には、国自身が種子・種苗を守っていか なければならないのです。しかし、種子法廃止、種苗法改定は、国が責任を放棄することを意味します。 困るのは生産者だけではありません。安全な食、水、空気を求めるのは生きる権利そのものです。生き る権利を奪いかねない法律は憲法違反といわざるを得ないのです。今を生きるものの責任として、未来 を担う子供たちのために、食にかかわる法律や農薬除草剤、遺伝子組み換えなど、命に関わる問題を考 える人の輪を広げていくことを始めましょう。

副代表・マネージャー・幹事

(あいうえお順)

上田 誠一 (うえだ せいいち)
熊本県農業者連絡会 代表。
植木町でスイカとお米を作っています。 阿曽田さんを殿と言っています。

内田 朋昭(うちだ ともあき)
熊本県有機農業研究会 種苗部・部長。就農して10年目の有機野菜農家で今年から熊本有機農業研究会種苗部部長を務めさせて頂いております。在来種や固定種の種や苗を守り学んで、未来に伝えて行ける活動を頑張って行きたいと思います。

國本 聡子 (くにもと さとこ)
地域に伝わる味・食・技術が消失したら世界は楽しくなくなる。だから私は猫の額の庭で種を蒔いては育てて種を取る暮 らしを始めました。 植物染色活動家。丑年。

間 司(はざま つかさ)
有機農業の百草園代表、熊本県有機農業研究会種苗部部員。30 年近く種苗交換会という形で在来種、固定種を守る活動を 続けてきました。種取りは農業の営みの一部。それを原則禁止にするという種苗 法の改定に反対!

間 澄子(はざま すみこ) 事務局長兼任
環境省・環境カウンセラー、日本の種子 を守る会・会員、有機農業。国が廃止した種子法を県の条例で守るなんて、素晴 らしい体験でした!それをやった皆さんと一緒に、次の一歩を歩めて幸せです。

山下 初男(やました はつお)
日本ミツバチの飼育を通して、環境問題を考える活動を行っています。変化をいち早く感知するハチは指標動物と言われ、 その激減は、環境破壊へ警鐘を鳴らしています。

吉岡 明日香(よしおか あすか)
主婦。家族の病気発症から、さまざまなモノ・人・体験を通じ対策を考えるように。特に食に対し、草の根活動を楽しみながらゆる~く模索中☆彡

吉田 譲(よしだ ゆずる)
NPO法人秀明自然農法ネットワーク理事、(有)秀明ナチュラルファーム熊本代表。20代の時に体を患い、食の大切さを感じ、人は食べ物で出来ている事を実感。そのことがきっかけとなり、自分達で安全な農作物を作ることを始め、農薬、化学肥料不使用、自家採種(在来種を中心)でお米、野菜等の栽培を30年取り組んでいます。

監事

古荘 洋子(ふるしょう ようこ)
熊本いのちと土を考える会。考える会の消費者として通算40年以上になります。種苗に目覚めたのは、小川町で、長野自然農法研究所の方から、種の不思議さの話しを聞いた時です。その後、長崎の岩崎さんの畑での勉強会で、紅心大根と人参の種の取り方と、そのすばらしさ、又、その時畑一面の小松菜の美しい色、これが有機農業だと感激した事、今だに忘れられません。このすばらしい世界を、おいしさと一緒に、子供達へ繋いでいきたいと考えます。

個人会員
(順不同/敬称略)

草場 規容子
間 司
間 澄子
福冨 かおる
東 奈津子
中村 綾子
吉岡 明日香
太田黒 公英
宮本 千香子
國本 聡子
山下 初男
平岡 朱
馬場 朝子
青木 悦朗
島田 祐子
福山 亮三
上田 誠一
田尻 和子
他、2名

団体会員
(順不同/敬称略)

百草園
玉名牧場
合同会社有機生活
熊本県有機農業研究会 種苗部
㈱共同・ママトコキッチン
千草会
㈱竹組
熊本県農業者連絡会
日本ミツバチを守る会
あらお農業を考える会
ビストロ シェ・ル・コパン
(有)くまもと有機の会
グリーンコープ生活協同組合くまもと
自然食品と雑貨の店 pokapoka
認定こども園・たまきな幼稚園
九州産直クラブ
他、5団体